海外通販をはじめる前に準備しておくと便利なコト

ネットショッピング コメントなし

Are you ready for shopping? Are you ready for shopping?

海外だかといって日本のショッピングサイトと大きく違うわけじゃないので特別なことはないのですが、支払い方法や言語で戸惑わないように準備しておくと良いと思います。

クレジットカード

基本的にクレジットカードが無いと海外での買い物ができません。
特に海外のネットで使うからといって特別なカードは不要です。普段使っているカードで問題ありません。

大手サイトならカード番号入力にそれほど不安はないかもしれませんが、知らないようなサイトではちょっと不安になります。

日本から使ったことはありませんが、私は以前小さなショップでネット上にそういったカード決済の仕組みが無いところなんかでFAXやメールでカード番号を送ったこともあります。結構不安でした。(問題なかったですが)

次の項で紹介する「PayPal」に対応したサイトならカード番号の入力が必要ありません。

PayPalの登録

http://www.paypal.jp/jp

日本でも海外でも使えるところが増えている「PayPal」
ここでクレジットカード情報や住所などを登録しておくことで、買い物するサイトではカード情報を入力しなくて済みます。

小さなショップなどで「PayPal」でしか払えないところもありますので登録しておくことをお勧めします。

登録も維持にもお金はかかりませんし、セキュリティ面でのメリットもあります。

また、この口座から支払うだけでなく入金してもらうこともできます。
個人売買で使うこともできます。

海外でも使うことを考えて、住所や名前などは英語(ローマ字)で入力しておくと良いです。

英語サイトでの個人情報入力用データ

ショッピングサイトの会員になったり、買い物した後に配送先等を入力する必要があります。
日本語なら簡単ですが、ローマ字で入力するのは結構面倒なので、何か他のテキストファイルに書いておくと便利です。

Billing Address(請求先住所)
Shipping Address(配達先住所)

どのサイトでもこの2ヶ所を登録、あるいは入力する必要がありますが、請求先と配達先が同じ場合は「同じ住所を使う」的なチェックボックスがあったりします。

First Name:名前 Taro
Last Name(Family Name):苗字 Yamada

名前はいいと思うのですが、住所はどんな順番で書いたらいいのかとか悩みますよね。単純に日本と反対から書いていきます。この住所は、海外の発送元で認識する必要があるのは「JAPAN」だけです。それ以下は日本に入ってから使うので、日本人が読めるように書いておけば大丈夫です。英語やフランス語のマンションやアパートでも、正式な綴りではなくローマ字でOKです。
郵便番号で市区町村レベルまで絞り込まれるので、「県ken」「市shi」「区ku」「町cho」などは書かなくても大丈夫ですが、書いておけば読みやすくなるかもしれません。(私は書いてません)

Address:住所
 1行で書く場合:Ko-po Bonjuru #501, 12-34 Kerokero-cho, Gamagori, Aichi, Japan 443-1234
 複数行の場合は「,」で区切る部分毎に入力します。

City:市、区、郡、町
State(Province/Region):州→県
 アメリカなどの州をドロップダウンで選ぶところもあります。その場合は「City」欄に都道府県を入力します。

Country:国
 ほとんどのサイトがドロップダウンで選択になっています。Jamaicaと間違えないようにw

Zip(Post/Postal Code):郵便番号
 絶対に間違えないように。

Phone(Mobile):電話番号
 海外からかかってくることはまずありません。
 通関で関税などの連絡でかかってくることがあります。
 普通に日本国内で使う番号「090-1234-5678」でも良いですし、
 「+81 90-1234-5678」のように海外からかけられるように書いても良いです。

メールアドレス

メールアドレスも普段使っているもので良いのですが、1つ確認しておいてください。

サーバー側のスパムメールフィルターなどで、全て英語メールをブロックしてしまうような指定があると、ショッピングサイトからのメールがブロックされてしまう可能性があります。
フィルターを解除するか、そのサイトのドメインをホワイトリストに登録するか、海外サイト専用のメールアドレスを作るか…ちょっと検討してください。

サイト毎のユーザーID/パスワードの管理

最近はブラウザにパスワードを記録できてしまうので、その機能を使っている人も少なくないと思います。
しかし、Google Chromeだとパスワードが簡単に見ることができてしまいます。

他の人がそのパソコンを使える環境にあるのなら、海外サイトだけでなくパスワード管理はしっかりしておいたほうが良いです。

ID/パスワードを管理できるソフトがいろいろあるのでそういったものを使うと良いと思います。
私が使っているソフトを紹介します。

ID Manager ID Manager

Windows(98/Me/NT/2000/XP/2003/Vista/7)用のフリーソフトです。
IDやパスワード、サイトのURLなどが登録できて、このソフトを起動にパスワードロックをかけることができます。
また、USBメモリからも起動できますので、より安全に管理することができます。
これさえあればブラウザを変えてもパソコンを買い換えても大丈夫です。オススメのソフトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>